スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

外国人住民票記載制度

細かい背景は色々あるのですがややこしいので割愛すると、
外国人に住民票を発行し、保険証も発行するというものです。

ここで、日本が他国よりずっと優れた保険制度をもっているということを説明します。
日本は国民皆保険制度がとられていて、
病気になれば全国のどこの病院でも、
定価で診療を受ける事ができます。
また、国が負担してくれる割合も大きいのです。
そんなの当たり前ーと思ってる方は、アメリカの保険制度を調べてみてください。

アメリカには、日本の国民皆保険制度に匹敵する保険はありません。

アメリカでは、日本でいう、
第一生命とか、日本生命とかいう会社が売る保険しかありません。
日本人が国に納める保険料より高額の保険料を納めても、
かかれる医者のレベルや医者が決まっています。
アメリカでは良いお医者にかかるには大金をはらわなかればならないのです。
保険に入っていなかった日本からの留学生が、盲腸になった時、
医療費が何百万にもなってしまったという事もあるようです。

日本での保険のシステムでは、
国民から納められる保険料だけでは、
到底、医療費は足りません。
足りない分は税金で補っているのです。
つまり3割負担の人は7割を国が持ってくれていることになります。

つまり他国から比べると日本の医療費はとても安いのです。
これを目当てに、中国からは「医療ツアー」などが組まれているそうです。

日本人の税金で、外国人が治療を受ける。
そして、税金はどんどん重くなる。
こんな事が許されていいはずはありません。

この制度に反対するには、総務省に抗議しなければなりません。

総務省に電話で抗議 03-5253-5111

総務省にメールで抗議 

イーガブからメールで抗議
スポンサーサイト
2012-06-12 : できること : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

様々な反日活動に対して私たちができること

ソフトバンクも河本も中途半端なのですが…。
ただの個人でも「できること」を紹介したいと思います。
日本が危ない、という事を知り始めた当初は、
こんな事も、こんな事も危ないんだ!
と衝撃の連続でした。
でもすこしたつと、

日本が危ないのはわかったけど、どうすればいいんだろう?

と思うようになりました。

まず一番簡単なのは口コミです。
コストは¥0です。
自分が知った事を、他人に知らせるだけです。

品物を購入する時に、
少し高くても日本の企業のものを選んで買う、
これも塵も積もれば山となります。
(売国企業の花王やロートの購入は論外です)

次はメール、FAXで抗議。

度胸と会話に自信のある方ならば電話で抗議。

時間とお金に余裕がある方は、
チラシを刷ってポスティング。
刷ったチラシをスーパーなどに「うっかり」
置き忘れる事もあるかもしれませんね。

もう少し時間とお金を割ける方は、
デモに参加、などなど。

できる範囲でコツコツとやる事が重要です。
そしてそれをブログなどで、
「こんな活動をしました」
とアピールするのも良いと思います。

ただし、護国活動をしているのを気にくわないと思う在日に、
酷いコメントをつけられたりするかもしれません。
(幸い私はまだないですが)
でも落ち着いて、もう一度ネットの世界を見渡せば、
同じように活動している人が見付かると思います。

私はメールとたまにポスティングやうっかりをしています。

次のエントリーでは、
実際にどんなところにどうやって抗議するのかを、
書いていきたいと思います。
2012-06-12 : できること : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

.

Author:.
FC2ブログへようこそ!

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。