スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

行ってはいけない(韓国) 11 ご存じですか?海外旅行時の保険の免責事項+ソウルの放射線の量

韓国旅行に限ったことではありませんが、
海外旅行中の戦争、革命、内乱等の場合はふつーの保険では保険がおりないようです。

休戦協定を白紙だと北朝鮮が言っている以上、
向こうで有事が起きて何か被害を被っても、
保険はおりないんじゃないでしょうかね?

旅行じゃなくて仕事で行かなければならない方、
会社に頼んで特約をつけてもらった方がいいんじゃないでしょうかね…。
特に家族がいる方は。
何が起きるかわからないような場所だという事を会社に認識してもらう事が大事ですし、
それで経費をケチるようなら、
その会社はロクなもんじゃないでしょう…。

あとソウルの放射線の量が実は福島の緊急避難区域なみ らしいという事、
ご存じですかね…。
まあ済州島とか行く方は関係ないかもしれませんが。
ガイガー持ってる方は是非持っていってみてください。
(没収される可能性も高そうですがね)

どっちにしろこんな重要な事を報道せず、
ひたすら韓国アゲをしているマスゴミ。
マスゴミの正体に気付く人が増えているようですが、
それでもまだまだ新聞テレビを信用している方は多そうですね。
韓流に流されて韓国に行こうとしている方がいたら、
是非教えてあげてください。
衛生面の不安、建造物の不安、反日教育された韓国人そのものに対する不安など、
色々書いてきましたが、
放射線の不安まであるとは…。

原発事故を理由に福島に旅行ないわーとか言いながら、
ソウルに行っている方がいたら、
本当にご愁傷様としか言いようがありません…。
福島の中でも一般人が住める場所は、
事故から二年たった今、
ソウルよりずっと安全という事になりますね。

子供さんが小さい方でソウルに住んでいる方は、
まず安いガイガーでも買って、
ご自分の周囲がどんな状態なのか調べた方がいいかもしれませんね。
ソウルの道路で毎時3マイクロシーベルトという事は、
ホットスポットではどんな値が出るやら、です。

日本にいる方でそれでも行くと言う方は…、
あちらの方かもしれませんね…。
2013-05-22 : 韓国旅行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

.

Author:.
FC2ブログへようこそ!

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。