スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

自衛隊について。

何かおかしいと思っても、
そのままやりすごしていれば怖ろしい現実に気付かずにいられる。
気付かない方が、気楽にいられた。

そう思う時もあります。

日本人の善良さにつけ込まれ、
日本という国がくいものにされている現実なんて、
気付かない方がラクに生きられた。

そう思う時もあります。

でも気付いてしまったら、
何かせずにはいられない。
そういうものではないでしょうか。

私は自衛隊なんて憲法違反だから、
なくすべきだという共産党の教師の言葉を鵜呑みにして、
ずーっと生きてきました。
阪神淡路大震災の時の活躍を見ても、
災害救助に特化した組織にすればいいのにくらいに思っていました。

自衛隊の方たちが、
どんな思いでその任務についているのか、
知らなかった。
当時の私のような、
自衛隊なんてなくせばいいのに、
と思っている人間であっても。
「日本国民」を守るのが任務だから。
そういう人も助けるのが自衛隊です、
ということをおっしゃった自衛官の方がいる事を知って、
深く、恥じ入りました。

そして、東日本大震災。
自衛隊がいなかったら助からなかった命がどれくらいあるのかと思うと、
背筋が寒くなる思いがします。

憲法改正が今、話題になっています。
九条のお陰で日本は攻撃されていないという神話はもう崩れ去りました。
日本人のようなメンタリティの国は滅多にないのです。
相手が丸腰だったら攻撃をためらうような、
そんなメンタリティの国なんてないのです。
特に、今、日本を脅かしている支那と朝鮮半島の人間たちに、
そんな日本人らしい心を求めることが、
どんなに無駄な事か。

やくみつるという漫画家が、
戦争になるくらいなら中国に併合された方がいいと言ったそうです。
ウイグルの人たちのような酷い目に遭わされる方が、
未来の子供たちのために戦って死ぬよりもマシということなんでしょうね。
やくみつるという人にとっては。

私はそんな日本人にはなりたくないと思いました。

だから九条の改正には賛成です。

自衛隊を国防軍にする事にも賛成です。

ただし徴兵制には反対です。
士気の低い人間が軍隊に存在することは、
マイナスにしかならないので。
(徴兵制のある韓国人は、
実際に戦争になったら逃げる、
と答える人が結構多いそうで…)

GDPのたった1%で「これからの」日本を守れるとも思わないので、
中国並みに2%に上げるべきだと思います。
今のままでは中国の軍事費が10兆円、
日本の防衛費は4兆円。
物価のことなども考えると、
日本が非常に不利だということがわかります。
今の少ない予算で、
けれども非常に高い錬度を誇る自衛隊。
給料まで削られた自衛隊。
せめて給料だけでも上げてほしい。
そう願わずにはいられません。
2013-06-01 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
反戦平和教育を受けてきたので、戦いに加担して加害者になるぐらいなら、無抵抗で侵略されたり殺されるほうがマシ、というか正しいのだと以前は考えていました。やられてもやり返してはいけないのだ、と。
反日国には、とにかく親切にして、トラブルがあっても譲歩して、誠意をもって謝罪し続ければ、いつか許してくれて仲良くなれる、とお目出度く信じていました。
けどどこかで、何故日本だけが戦後補償だの謝罪が済んでないだのといつまでも責められにゃあいかんのだ?という疑問がありました。もっとヒドイことした国は沢山あるのに。
色々あって、反日・左翼教育を受けていたことを知りました。
教育とマスコミがタッグで、反日国にとって都合のいいようにされてきたことを、日本人は気付かないと危ないです。
日本は左翼国家。今、右傾化してるなんて騒ぐ連中がいるけど、日本は右傾どころか、まだ中庸にも行ってないんじゃないかな。
沖縄で基地反対運動してる人達は、米軍基地が撤退したら中国も文句を言わなくなり、平和がきてハッピーエンドだと、本気で思っているのでしょうか。反対運動の多数の人達は、本気でハッピーエンドがくると思っていそうです。
2013-06-04 20:14 : ぜんまい URL : 編集
Re: No title
ぜんまいさま

コメントありがとうございます。
私も同じような反戦平和教育を受けてきたので、
日本の教育っておそろしいと本気で思ってます。
北朝鮮が停戦協定を破棄した「戦時中の朝鮮半島」に、
まだ修学旅行に行く学校があるそうでびっくりです。
腐りきってるとしか思えません…。

ただ気づきがひろがっているのも確かです。
インターネットのお陰で。

沖縄基地の反対運動を起こしている核の部分の人は、
本気で日本と日本人が滅びればいいと思っている売国左翼だと思います。
他国の、国を思うが故の左翼ではなくホンモノの売国左翼。
それに踊らされている無知な層が気付いてくれるには、
マスゴミがもう少しまともにならないと難しそうですね。
もし万が一ですが、
基地がなくなって沖縄が中国領になったら、
反対運動をしていた核の部分のごくごく一部の人間以外は、
辛酸をなめることになりそうですね…。
原発反対も基地反対もみんな裏では繋がっていて、
売国行為に勤しむ人間が日本にはうじゃうじゃいます。
そしてそれにのせられてしまう人も。
のせられてしまう人がすこしでも減るように、
チラシまくくらいしかできませんが、
これからも頑張っていきたいです。
2013-06-06 10:37 : . URL : 編集
No title
お返事ありがとうございます。
マスコミの偏向ははなはだしいですが、ネットがあるのはまだ救いですね。ブログランキングの政治部門の上位は、保守系がかなり占めているので、マスコミ情報操作に染まって見える現実社会とのギャップが不思議です。

>本気で日本と日本人が滅びればいいと思っている売国左翼だと思います。

ああ確かに…!
中韓の怖さを知らず、日本人であることの有難さを知らず、「罪深い日本人に生まれて嫌だ」だの「日本人で恥ずかしい」だのとほざく連中は…。

沖縄の米軍基地がなくなったら、チベットやウイグルの二の舞、いえ反日教育により下手するとそれ以上の惨劇も有り得ると危惧しています。
反対運動をしている人達は、チベットやウイグルのことを知らない&見ようとしないのか、チベットやウイグルの人達は虐待されても、日本人はそんなことはされないから大丈夫とでも思っているのかどうか…。
侵略されて惨事を見てから過ちに気付いても遅いですよね。そうなっても「やはり日本の反省と謝罪が足りなかったからだ!」ってならなきゃいいけれど…。

米軍基地を追い出して中国に侵略されたら、案外世界は日本を気の毒には思っても、助けてはくれないのではと思います。米軍を追い出した以上、米軍が日本を快く助けてくれるのを期待するのは虫が良い。米軍から「自業自得」と突き放される可能性もないとは言えません。
今、チベットやウイグルを政治的・軍事的に助ける国が無いように、中国を非難はしても日本を助ける国はないかもしれません。日本は先進国だからとか、資金源になっているんだとか、平和憲法があるから、って決して楽観はできないですね。
2013-06-06 22:33 : ぜんまい URL : 編集
Re: No title
ぜんまいさま

コメントありがとうございました!

ネットの普及は本当に重要ですね。
お年を召した方でも、
しっかりネットを使いこなしてる方もいるので、
実際に戦争を体験した方々がネットに入ってくると相当、
風向きが変わると思うのですが…。
見てるだけの方にも、もっと意見を発信してほしいですね。

> 米軍基地を追い出して中国に侵略されたら、案外世界は日本を気の毒には思っても、助けてはくれないのではと思います。米軍を追い出した以上、米軍が日本を快く助けてくれるのを期待するのは虫が良い。米軍から「自業自得」と突き放される可能性もないとは言えません。
> 今、チベットやウイグルを政治的・軍事的に助ける国が無いように、中国を非難はしても日本を助ける国はないかもしれません。日本は先進国だからとか、資金源になっているんだとか、平和憲法があるから、って決して楽観はできないですね。

はっきり言って資源のない日本を、
アメリカが守ってくれているのは、
太平洋に特アが出てこない防波堤にするためなので、
その意味がなくなったらアメリカだけでなくどこも誰も助けてくれないでしょう。
親日の国はあっても、
日本を守るほどの経済力、軍事力を有した国はないですよね…。
東南アジアの国々も、台湾もトルコもパラオも、
日本を愛してくれていても、
日本を助けられない。
むしろ、日本は本当は、
東南アジアの国々を中国から守ることを、
周辺諸国から期待されているはずです。
それなのに九条のせいでそれもままならない。
領海をうろつかれて困っているのは日本だけじゃない。
海上自衛隊が手伝ってくれたら…、
と思っている東南アジアの国は、
案外多いのではないかと思っています。

戦争を肯定するわけではけっしてありません。
ただ、窓も玄関も開け放した家の中にあるものを、
持ってかれるはずがないから鍵なんかかけなくていい、
というのが、九条を支持する人たちの考えなんだとしたら、
到底受け容れがたいです。

当たり前の事を当たり前のようにできなくなっている今の日本に、
早く沢山の人に気付いてほしいですね。
2013-06-07 08:50 : . URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

.

Author:.
FC2ブログへようこそ!

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。