スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

吉本興業、母親が生活保護不正受給の河本準一を徹底擁護

ソフトバンクの2を書く前に、
今日河本準一の会見があったので。
典型的なお涙頂戴会見でした。
コレをみて思わず河本かわいそうと擁護する前に、
しでかした事をじっくり見てください。

皆さんもうご存じかと思いますが、
年収五千万(推定)のお笑い芸人河本準一(次長課長)の母親が、
十数年にわたって生活保護を受給していました

河本がまだ売れていない頃から貰い初めて、
そのままずーっと貰い続けていたようです。

河本は母親と良好な関係にあり、
母親をネタにした本も出版しています。 (印税四千万ゲット!)
河本が「貰えるもんはもろとけばいいんや!」
と発言していたという話もあります。
また、生活保護を受給している時は、
他に収入があったら申告してその分減らさなければなりません。
河本は仕送りしているとテレビ番組で発言していましたが、
はたして母親はそれをきちんと申告していたんでしょうかね。
また生活保護を受けていると、
原則として医療費や介護費、家賃は無料でNHKの受信料、住民税、国民年金なども免除されます。
またJRの運賃や光熱水費の減額という数々の特典がついてくるのです。

生活保護は、税金から払われます。
日本人が一生懸命働いておさめた血税からです。


生活保護を打ち切られて餓死した日本人や、
生活保護をもらえなくて自殺してしまった日本人もいます。
日本人が生活保護をもらうのはかなり難しいのです。
親族や自分の貯金状況など、
色々調べられるからです。
けれど、外国人は大して調べられずに貰えるそうです。
不確定情報ですが河本は在日か帰化人という噂があります。
もしそうだとすると審査が甘かったのかな?という気がします。
生活保護は元々日本人でなければうけられないので、
もし在日なのに受給していたとしたらこれも問題です。
外国人で生活保護を受給している人が急速に増えている反面、
もらえないで死んでいく日本人がいるというこの現実。
おかしいと思いませんか?
外国人が日本に増えても百害あって一利なしなのに、
その方向性をどんどん強めているのが民主党です。
外国人参政権、人権擁護関連の法案、
全て外国人(在日朝鮮半島人)のためのものばかりです。
民主党は「日本人の」敵だったのです。
それもそのはず、本来禁止されている外国人からの献金を受けたり、
帰化人だったりという人間の集まりが民主党だったのです。

話がそれました。
河本に戻します。
彼が在日だろうと日本人だろうと、
「収入が五千万ある人間が母親を養わない」
事が許されるのか?ということです。
払えない理由を収入が不安定な職業だから貯蓄しなければ、
などと言っていますが今の世の中、終身雇用は崩れて皆不安に思いながら生活しています。
そうしたら大抵の日本人は生活保護を受けられる事になります。
勿論、それら全てを養うだけの体力は日本にはありません。
こんな事を許したという前例を作ってはいけないのです。

記者会見で河本は不正受給であるという認識はなかったと繰り返し言っていました。
そう言うように弁護士に指示されていたのでしょう。

そして吉本興業はこんな河本を庇い、
糾弾する人々を恫喝するような声明を発表しています。

企業として所属している人間の管理がきちんとできていないばかりか、
犯罪者(のようなもの)を庇うその態度には怒りを覚えます。

その吉本興業は、今では株式を非上場にしています。
その時を境に経営が悪化し、
今では毎年大赤字です。

どうやって経営しているのか。

韓国の国家ブランド委員会から多額の金を受け取っているかもしれません。
吉本タレントの異常な韓国推しもそれで納得できます。
当の河本も、韓国語学習の本を出しています。

吉本興業は、韓国に『汚鮮』されてしまっているのでしょう。

吉本に対する明確な抗議手段というのがあまり思いつきません。
一般人が買うようなものは大して売っていないし、
元から買っていないのでこれからも買わない、それだけです。
でもホンダのステップワゴンのCMのページから、
河本が全て削除されていました。
ホンダの事を応援することで、
河本を他の会社がCMに使う事を阻止できるかもしれません。

お笑い好きな方も多いかと思います。
吉本全体が攻撃対象になると、
他の芸人さんたちにも多大な影響が出るでしょう。
それだけに今回の河本をかばう吉本の姿勢は異常に見えます。
山本圭一はすぐにクビにしたのに、
何故河本は優遇されるのか。

吉本興業という会社が反日売国企業であることは間違いないようです。
残念ながら。
2012-05-25 : 反日企業 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

.

Author:.
FC2ブログへようこそ!

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。