スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

国産の商品を買うことの重要性

TPPに反対する記事は以前書きましたが、
それよりさらに大雑把な観点から書きます。

国産の商品(特に食品)を購入する事の大切さを、
今回は簡単に書きたいと思います。

日本製の食品は、外国産に比べるとかなり割高な場合も多いです。
商品によっては倍以上ということもあります。

このまま日本が外国にどんどん食品を依存するようになったらどうなるか。

今は円高で外国産の食品も安く入ってきます。
けれど円安になったら値段は一気に高くなります。
そうなった時に、日本の一次産業が壊滅していたら?
国産の商品がないのだから高くても外国産の商品を買うしかありません。

もし、輸入を頼っている国の作物がうまく育たなかったら?
これは為替に関係なく商品の値段が高騰するでしょう。
それどころか、自国で必要としている分も足りなければ、
日本にまわってくるはずもありません。
そんな時、日本の一次産業が壊滅していたら?
お金があっても商品は入って来ず、
相当経済力のある人間しか生き残れなくなってしまうでしょう。

国が農業を手厚く保護する事による弊害ももちろんあります。
自民党はずっと農家を優遇してきました。
やり方は悪かったかもしれない(農家の向上心を奪ったりした一面もあると思います)ですが、
人間が生きていく上で欠かせない食糧を確保するために必要な政策でもあったのです。

スーパーマーケットに商品があふれている状態ではなかなか想像できないと思いますが、
もし日本の一次産業が壊滅してしまったら。
最初はあまり影響を感じないかもしれません。
安い食糧が海外から安定して輸入できる状態であれば。
けれど、もしその状態で、何かの弾みで世界全体が不作となれば、
その影響ははかりしれません。

食品を買うときに、なるべく地産地消を意識して買うようにしています。
昔は安いからと支那産のにんにくをスーパーで買ってましたが、
今は近くの農家の直売所で買っています。
支那産の食品は農薬などもすごいらしいので、
今ではちょっと買う気がまったくおきませんが、
昔の自分は脳天気に購入していました。
朝鮮半島や、支那の食品に関するニュースを色々見てしまうと、
それでも買う気がする人がむしろ…すごいとしか…言いようが…(おえええ

健康や、日本という国の事を真剣に考える人間が増える事を、
民主党は嫌がっています。
真剣に考える人がたどりつく答えは、「民主党は売国政党」だとわかっているからです。

まあ全部日本産を買うのはハードルが高いので、
とりあえず日本の敵としか思えない行動をしている、
支那・朝鮮半島産のものを買うのをやめるだけで、
気分が大分かわります。
(タイ産とかインドネシア産とかオーストラリアやアメリカの食品は買ってます…)

まあ家族がそういうのをあまり気にしないので、
イライラさせられる事も多いですが。
価値観の差で離婚する人の気が最近わかりました(笑

どこまでやるかはできる範囲でいいと思います。
経済的な事情や、
近隣店舗の品揃えの事情など、
色々あると思いますので。
2012-10-08 : 政治 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

.

Author:.
FC2ブログへようこそ!

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。