スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

原発についてもっと知りたい

原発についてやみくもに反対する「だけ」で、
代替案も出さない無責任政治家と同レベルには堕ちたくないなあ、
ということで少しづつ知っていきたいと思います。

サイエンス0という番組で乾式キャスクというものが紹介されいました。
使用済みの燃料棒を水の入ったプールではなく、
キャスクというケースに入れて冷めるのを待つというシステムのようで。

福島の原発では原子炉を冷却できなくなってメルトスルーしたのと、
使用済みの核燃料を入れていたプールの水が抜けて温度があがり、
反応が始まってしまいセシウムをまき散らす爆発が起きた(んでしたっけ?)。

プルサーマル施設に搬入するまで、
原発に使用済み核燃料を置いておくだけ~と言うことで、
安価なプールに保存する方法をとっているということなのでしょうか。
とりあえずリサイクルがほぼ絶望的な今、
使用済みの核燃料をどうやって保管するか、
その保管方法なども原発の安全性の中に組み込むべきではないでしょうか。
もしキャスクが高価で電気代を上げる、
ということであれば本末転倒ですよね。
原子力発電の売りは「安価」であることしかないのですから。
(二酸化炭素をあまり出さないクリーンさも売りですが、
これだけ汚染しておいてクリーンとかないですよね)

原発は日本という国の産業を沈ませないために必要不可欠です。
でも安全も当然ながら保証されるべきです。
安全を担保するための設備投資をしぶるようなら、
電力産業は全て国が管理した方がいいのではないかと思います。
もちろん情報が広く国民に開かれるという事が条件ですが。

絶対はありませんが、
より安全な方法というものは存在するわけです。
国民にはそれを知らされていませんが。
大抵はコストの問題なのかなあという気もしますが。

日本は今、高い値段で諸外国から天然ガスを買わされています。
原発が使えないからと足下を見られているわけです。
そんな日本の文字通り足下に、
メタンハイドレードという宝物が大量に眠っているのは、
なんとも皮肉なことですが。
国の施策として早急にメタハイの実用化が進めば、
自然に原発なしの世界がくるはずです。

ただそれまでどうしても原発をうごかさなければいけないならば、
なるべく安全な方法を模索すべきでしょう。
そしてそれを国民が見張っているという事を、
パブコメやe-govから伝える必要があります。
ただあーだこーだ文句を言うだけでは、
無能な税金泥棒の野党の議員や、
与党でありながら日本をズタズタにした民主党とやらの議員と、
似たりよったりになってしまうのではないかと思います。

電気は足りている、原発はいらないと叫んでた社民党の人がいましたが、
コストについてはひとっことも言ってなかった気がします。
そしてメタハイについても言及してなかった。
つまりただ原発をなくす、それしか言っていないわけです。
工場が電気代の値上がりや、
輪番停電で苦しんでいたことなど、
すっかり忘れてしまったかのような。
そして今現在、厳寒の北海道で節電を強いられている現実も、
無視しているとしか。

そんな信用ならない党や人間に一票はいれられないです、自分は。
2013-01-10 : 政治 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

.

Author:.
FC2ブログへようこそ!

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。